まさぼっち.net

ただの日記。SI→MBA→起業準備中+主夫

アート

森美術館の「宇宙と芸術展」は知的好奇心を刺激する良質の企画展

2016/08/11

六本木ヒルズにある森美術館で「宇宙と芸術展」という企画展が開催されています。
非常にユニークな名前の企画展であり、ずっと気になっていました。

先日、六本木に行くことがあり、森美術館で開催している「宇宙と芸術展」に行ってきました。

「宇宙と芸術展」は宇宙とアートをテーマにした壮大な企画展です。
非常に知的好奇心を刺激する良質な企画展だったと思っています。

宇宙と芸術展について

展示会名

宇宙と芸術展 かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ

会期

2016年7月30日(土)~2017年1月9日(月・祝)

会場

六本木ヒルズ
森美術館

宇宙と芸術展の感想

宇宙と芸術展の混雑状況

日曜日の夕方に行きましたが、宇宙と芸術展はそこまで混んでいませんでした。
そのとき開催中であった「ジブリの大博覧会」に比べるとはるかに空いています。

宇宙と芸術展は自分のペースで鑑賞することができます。
実際、森美術館は比較的に空いている美術館です。
また、営業時間も22時までやっている美術館であり、会社帰りでも寄ることができたりします。

ただし、チームラボの作品については入場制限があります。
混雑時は並ばないと鑑賞することができません。

ぼくが行ったときは10分程度並びました。
休日の昼間だとさらに混むことが予想されますので時間に気をつけて行くと良いと思います。

展示品が多岐にわたる

宇宙と芸術展は「かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」とサブタイトルがついていますとおり、展示品が多岐にわたります。

石や化石、ダ・ヴィンチやガリレオ・ガリレイ等の歴史的な天文学資料。
曼荼羅や「竹取物語」などの美術品というよりは博物。
それに加えて、現代アーティストによるインスタレーション作品など多岐にわたる作品が展示されています。

宇宙って一体なんなのさという哲学的な内容から、宇宙開発の科学的な内容まで宇宙にまつわるものが全て対象となっています。
自分自身のアートの守備範囲を超えて、ぐいぐいと新しいものを魅せつけられます。

それが押し付けがましくなく、鑑賞者が宇宙とはなんなのかということを作品を通して考えさせられる展示構成になっています。
とはいえ、アートの知識があんまりなくても楽しめる企画展にもなっていて、誰もが楽しめるという稀有な作品群です。

テーマ性が面白い

宇宙とアート。
あまり結びつかないようで、何かしらの結びつけがあるように思わせてくれます。
そんな展示構成であり、非常に知的好奇心に満ちた作品の数々です。

DSC_0830

え、どういうテーマだっけ?
って思っちゃうほど、ジャンルを飛び越えた面白い構成内容になっています。
DSC_0835

宇宙って??
っていうくらい謎なテーマ性のある本企画展ですが、非常にユニークさがあり、キュレーションとしてとても面白さを感じます。
こんな作品あるんだ!面白い作品だな!というのが多く、新しいきっかけをつくってくれる企画展でもあります。

DSC_0842

インタラクティブ性の高いインスタレーション作品も多く、アート好き、宇宙好きじゃなくても楽しめる内容になっています。
DSC_0844

チームラボが最高

宇宙と芸術展の目玉はチームラボの作品であり、最高でした。

この作品は「追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく - Light in Space」という作品名で、以前お台場の未来科学館でやっていた「チームラボ展」でも展示されていた作品になります。

ただ、過去の展示方法と異なり、宇宙と芸術展では天井以外の壁に映像が映しだされます。
自分の視界は全て美しい映像になり、作品の世界に没入することができます。
映像の素晴らしさと音楽の美しいメロディーにやられてしまう作品です。

また本作品は、コンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けているので、何度観ても新鮮さを与えてくれます。

このチームラボの作品を観るだけでも価値のある企画展です。

こんな感じの作品であり、幻想的な世界の中に入ることができます。

サブタイトルが謎

本企画展は非常に面白い企画展だと思います。
1点だけ、いちゃもんをつけるとすると、サブタイトルが謎という点です。

宇宙と芸術展のサブタイトルが「かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」です。
なぜ、このようなタイトルを付けたのかわかりません。

かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボともに、作品はあります。
ただ、作品数でいえば、全然ないです。

なぜ、サブタイトルでこのように付けたのかよくわかりません。
それくらい多岐にわたっている企画展というのはたしかです。

が、そこまでのネーミングにするのはどうかと..
このサブタイトルで来た人からすれば「????」という状態になります。

チームラボ作品があるから行こう。
あれ、1作品しかないよ。みたいな状態になります。

個人的には、東京シティビューでやっている同時開催中のジブリ展よりも楽しめる企画展です。
ぜひ森美術館も足を運んでみてください。

-アート